肌への効果

敏感肌に対するリポポリサッカライドの有効性~バリア機能の改善~

執筆者名:河内千恵(Kohchi Chie),竹馬真理子(Hara-Chikuma Mariko),濱田和人(Hamada Kazuto),池本毅(IKemoto Takeshi),筒井翔子(Tsutsui Shoko),稲川裕之(Inagawa Hiroyuki),杣源一郎(Soma Gen-Ichiro)
論文名:Effectiveness of Lipopolysaccharide for Sensitive Skin:─Improvement of Barrier Function─
雑誌名:J. Soc. Cosmet. Chem. Jpn.
発行年,巻号:ページ:2021,55.4:338-345
URL:https://ci.nii.ac.jp/naid/130008131800/

LPSの継続塗布により、表皮のバリア機能が高まり敏感肌が改善されることが示唆される

背景/目的:
グラム陰性細菌成分であるリポポリサッカライド(LPS)の継続塗布が、肌の敏感性、水分保持力に及ぼす効果について人での検証を行った。
さらに効果のメカニズム解析のため、ヒトケラチノサイト細胞株HaCaTを使い、LPSの刺激で変化する遺伝子を解析した。

方法/結果:
11人の敏感肌を自覚する被験者による乳酸刺激試験により、パントエア・バガンス由来のLPS(LPSpv)を配合したローションの使用が、被験者の肌の刺激感覚を和らげることが示された。
さらに被験者では、角層水分量が増加し、経皮水分蒸散量が低下することが示された。
HaCaTを用いたin vitroの試験では、1 μg/mLのLPSpvの刺激により、細胞増殖促進効果が見られた。
またRT-qPCRによって、HaCaTにおいて、100 ng/mLのLPSpvの刺激により、バリア機能に係るFilaggrinとFibronectinの遺伝子発現が有意に増加し、タイトジャンクションに係るClaudin 1の遺伝子発現が有意に増加することが示された。

結論:
これらの結果は、LPSpvが表皮のバリア機能を高め、敏感肌の改善に寄与しうることを示唆している。

論文

敏感肌に対するリポポリサッカライドの有効性~バリア機能の改善~

背景/目的:
グラム陰性細菌成分であるリポポリサッカライド(LPS)の継 ...

パントエア菌 LPS 経口投与による糖尿病型認知機能障害の予防について

低濃度反復LPS刺激による神経保護性ミクログリアの誘導について

背景/目的:
老化促進マウスにリポポリサッカライド(LPS)を経口摂取さ ...

小麦パントエア菌由来LPS(Somacy-FP100)の安全性について

背景/目的:
Pantoea agglomeransはグラム陰性菌で環境 ...

生活習慣病に対するLPS経口投与における予防効果について

背景/目的:Pantoea agglomerans由来のリポ多糖(LPSp)の経 ...

腫瘍組織および肥満脂肪組織における低用量リポ多糖で活性化された単球/マクロファージの有用性

概要:慢性炎症は、がん、生活習慣病、および自己免疫疾患の発症に関与している。また ...

酢酸菌の経口投与による花粉アレルギー抑制効果

背景/目的:Gluconacetobacter hansenii(G. hans ...

軽度アトピー性皮膚炎患者におけるリポ多糖含有保湿クリームの効果

背景/目的:近年、先進国においてアトピー性皮膚炎(AD)の患者数が増加している。 ...

長期化した創傷治癒の改善について

背景/目的:リポ多糖(LPS)の創傷治癒効果は、異物の除去、抗炎症機能、および組 ...

アルツハイマー病に関連する記憶喪失予防効果について

アルツハイマー病(AD)の発症機序は依然として不明であるが、アミロイド-β(Aβ ...