健康への効果

生活習慣病に対するLPS経口投与における予防効果について

執筆者名:RAN ZHANG;HIROYUKI INAGAWA;SACHIKO UCHIBORI;TSUTOMU MASAKI;HIDEKI KOBARA and GEN-ICHIRO SOMA 論文名:Preventive Effect of Oral Administration of Pantoea agglomerans-derived LPS in a Hypertensive Rat Model Upon Salt Loading 雑誌名:Anticancer research 発行年,巻号:ページ: 2019, 39: 4503-4509. URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31366552

食塩摂取高血圧モデルラットへのパントエア菌LPS経口摂取による予防効果

背景/目的:Pantoea agglomerans由来のリポ多糖(LPSp)の経口投与は、さまざまな生活習慣病の予防効果があると報告されているが、高血圧に対する効果は知られていない。今回、生活習慣病の一種である高血圧の予防効果を検討した。

方法:自然発症高血圧ラット(SHR)と対照正常ラット(WKY)は、6〜16週齢で飼育された。 SHRラットには100μg/ kg LPSp、または0.1%食塩水、もしくはその混合物を飲水摂取させた。WKYラットは水を与えた。それぞれ、6、10、13、および16週目に血圧を測定した。さらに、16週齢で採血し、血液生化学マーカーを測定した。また、糞便の腸内フローラを分析した。

結果:SHRラットは年齢とともに血圧が高くなったが、WKYラットの血圧は変化が見られなかった。また、SHRラットへの食塩負荷は高血圧症状を悪化させた。 LPSpを自由摂取したSHRは血圧の低下はほとんど見られなかったが、食塩負荷のSHRラットにおいて13〜16週齢で血圧抑制が観察された。

結論:LPSpの経口投与は、食塩負荷による高血圧に対する予防効果を示した。

論文