肌への効果

軽度アトピー性皮膚炎患者におけるリポ多糖含有保湿クリームの効果

執筆者名:KOZO NAKAI, YASUO KUBOTA, GEN-ICHIRO SOMA and CHIE KOHCHI
論文名:The Effect of Lipopolysaccharide-containing Moisturizing Cream on Skin Care in Patients With Mild Atopic Dermatitis.
雑誌名:In Vivo
発行年,巻号:ページ: 2019, 33.1: 109-114.
URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30587610

軽度アトピー性皮膚炎患者におけるリポ多糖含有保湿クリームの効果

背景/目的:近年、先進国においてアトピー性皮膚炎(AD)の患者数が増加している。本研究では、軽度のAD患者に対する、パントエア・アグロメランス由来のリポポリサッカライド(LPSp)を配合した保湿クリームの有用性について検討した。

患者と方法:軽度のADがある患者に、LPSpを配合した保湿クリームまたはそのプラセボを無作為割付して4週間継続使用させた。二重盲検にて、皮膚科医によるEASIスコア評価、自己による「かゆみ」と「皮膚の状態」のVAS評価を行った。

結果:両群間では、EASIスコアについて差は見られなかった。しかし、「かゆみ」と「皮膚の状態」のVASスコアについては、LPSp群のほうがプラセボ群よりも、統計的有意差をもって軽減されていた。

結語:このことから、LPSpを配合する保湿クリームは、軽度AD患者の症状の寛解とその維持を助ける日常的スキンケアに有効であることが示唆された。

論文

低濃度反復LPS刺激による神経保護性ミクログリアの誘導について

小麦パントエア菌由来LPS(Somacy-FP100)の安全性について

背景/目的:
Pantoea agglomeransはグラム陰性菌で環境 ...

生活習慣病に対するLPS経口投与における予防効果について

背景/目的:Pantoea agglomerans由来のリポ多糖(LPSp)の経 ...

腫瘍組織および肥満脂肪組織における低用量リポ多糖で活性化された単球/マクロファージの有用性

概要:慢性炎症は、がん、生活習慣病、および自己免疫疾患の発症に関与している。また ...

酢酸菌の経口投与による花粉アレルギー抑制効果

背景/目的:Gluconacetobacter hansenii(G. hans ...

軽度アトピー性皮膚炎患者におけるリポ多糖含有保湿クリームの効果

背景/目的:近年、先進国においてアトピー性皮膚炎(AD)の患者数が増加している。 ...

長期化した創傷治癒の改善について

背景/目的:リポ多糖(LPS)の創傷治癒効果は、異物の除去、抗炎症機能、および組 ...

アルツハイマー病に関連する記憶喪失予防効果について

アルツハイマー病(AD)の発症機序は依然として不明であるが、アミロイド-β(Aβ ...

LPSの摂取による血流維持効果について

方法:本試験では、パントエア・アグロメランスLPS(タブレット1錠あたりLPSと ...