健康への効果

アルツハイマー病に関連する記憶喪失予防効果について

執筆者名:KOBAYASHI, Yutaro, et al.
論文名:Oral administration of Pantoea agglomerans-derived lipopolysaccharide prevents metabolic dysfunction and Alzheimer's disease-related memory loss in senescence-accelerated prone 8 (SAMP8) mice fed a high-fat diet.
雑誌名:PloS one
発行年,巻号:ページ:2018, 13.6: e0198493.
URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29856882

パントエア・アグロメランス由来のリポ多糖の経口投与は、高脂肪食餌を与えた老化促進モデルマウス(SAMP8)における代謝障害およびアルツハイマー病に関連する記憶喪失を予防する

アルツハイマー病(AD)の発症機序は依然として不明であるが、アミロイド-β(Aβ)ペプチドの産生と排除の不均衡がADの進行に重要な役割を果たすことが知られている。
有望な予防法は、ミクログリアのような脳の貪食細胞の正常なAβ排除活性を増強することである。
マウスでは、Toll様受容体4アゴニストの腹腔内注射によって、Aβ排除が増強され、ADに関連する疾患の予防効果を示すことが示された。
我々は以前の臨床試験で、ADの既知危険因子である高脂血症を有するヒトボランティアにおいて、パントエア・アグロメランス由来リポ多糖(LPSp)の経口投与が、LDL(低密度リポタンパク質)を引き下げる効果があることを実証した。
インビトロ研究では、LPSp処理によって、ミクログリアのAβ貪食が増加することを示した。
しかし、経口投与されたLPSpがAD進行の予防効果を示すか否かは依然として不明である。
我々は、高脂肪食を与えた老化促進モデルマウス(SAMP8)において、18週間の0.3または1mg / kg体重/日のLPSpの経口投与がグルコース代謝および脂質分析結果を有意に改善することを明らかにした。
LPSp処理は、末梢血における炎症性サイトカイン発現および酸化バースト活性も低下させた。
さらに、LPSpは、水迷路試験で見られるように脳のAβ負荷および記憶障害を有意に減少させた。
ただし、処理後に脳から単離したミクログリアにおけるAβ食作用の有意な増強を確認することはできなかった。
まとめると、LPSpは代謝機能の障害によって引き起こされるADまたはADに関連する疾患の予防的治療として有望であることが明らかになった。  

論文